欅坂46不動のセンター・平手友梨奈さんが、上腕三頭筋を損傷し、全治1か月の怪我を負っていた事が、1月13日に欅坂46公式サイトで発表されました。
これに伴って、1月30日からの武道館公演3daysは、全公演ひらがなけやきの公演に変更となりました。

2017年12月31日に行われた「NHK紅白歌合戦」にて欅坂46のメンバー3人が過呼吸を起こし、体調面や精神面などを心配する声が多くあがっていましたが、ここにきて身体的な怪我も発生してしまいました。

今回は平手友梨奈さんの怪我の状態や、今後の活動などについて調べてきましたので、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

上腕三頭筋、全治1か月とはどの程度なのか


出典:http://lier.jp/3929/

そもそも「上腕三頭筋」とはどこなのか、パッと思い浮かびますか?
「上腕二頭筋」は力こぶの出来る場所としてよく耳にする箇所ですが、「上腕三頭筋」はあまり聞いた事がありませんよね。
画像の部分が上腕三頭筋です。女性が気にする二の腕の部分ですね。
ここを平手友梨奈さんは負傷したとの事です。

筋肉の負傷という事なので、筋断裂(肉離れ)ではないかと考えられます。
早ければ2週間程度で回復が見込まれますが、あくまで日常生活に支障がないまでの回復です。
一度筋断裂を起こした筋肉は癖になりやすいので、激しいダンスをする平手友梨奈さんの場合、しっかり完治するまでは安静にした方が良いので、全治1か月という診断になったのでしょう。

いつ怪我をしたのか?


出典:https://matomedane.jp/

ファンの皆さんの間で「この時怪我をしたのではないか」と言われているのは、NHK紅白歌合戦で不協和音を披露した時のパフォーマンス中です。

実際の映像がありますので、確認してみましょう。

倒れ込んだ平手友梨奈さんのマイクに、激しくぶつかる音が入っています。
公式のアナウンスでは、いつ怪我をしたのか発表されていませんので、恐らくこの時に上腕三頭筋を負傷したのではないかと憶測が飛んでいます。

不協和音は欅坂46の楽曲の中で最高難度の激しいダンスが特徴的なのですが、曲中にメンバーが倒れ込むダンスがあり、その際に平手友梨奈さんは激しく倒れ込むので、以前から心配の声があがっていました。
今回負傷したのは上腕三頭筋ですが、他の音楽番組では右膝にヤケドのような跡があるのも確認されています。
恐らく倒れ込んだ際に床との摩擦で出来た跡ではないかと考えられます。

出典:http://keyakizaka46ch.jp/tv/post-44058/

欅坂46の今後の活動について


出典:http://www.keyakizaka46.com/

平手友梨奈さんが負傷した事で、1月30日から3daysで行われる予定だった武道館公演はひらがなけやきの公演に振り替えとなりました。
この発表でファンの間では色んな意見が飛び交っています。

武道館公演について、キャプテンの菅井友香さんはラジオでコメントをしてくれています。

また、佐藤詩織さんは公式ブログにて謝罪と今後についての思いを綴ってくれています。

武道館公演、沢山のファン方に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でもスタッフさんメンバー含め
みんなでちゃんと話し合って決めました。

スタッフさんもちゃんとみんなに
話す時間をくれました。

だから、私はここで腐らず
この大好きなメンバー21人みんな揃って
ちゃんとみんな気持ち1つで
舞台に立ちたいんです。

次皆さんの前に立つときは
絶対皆さんを待たせた分素晴らしいものを
見せます。

だから皆さん、おこがましいですが
まだ目を離さずにその時を楽しみに
待っていてください。

楽しみに待っていて下さった皆さん
本当に申し訳ありません

佐藤詩織

スポンサーリンク

メンバーで話し合った思い


出典:http://top.tsite.jp/entertainment/

武道館公演が振り替え公演になってしまい、一番悔しい思いをしているのは欅坂46メンバーだと思います。
そして、振り替え公演となった事はメンバー含めスタッフとの話し合いで決めた事であり、全員揃って武道館に立ちたいという思いからだという事も読み取れますね。

様々な憶測が飛び交っていますが、欅坂46メンバーは常に前を向いて、上を目指して活動しています。

漢字欅に限らず、ひらがなけやきメンバーも突然の武道館公演が決まり大変な時期でしょう。
先輩達から託された思いでプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
そこを温かく迎え入れるのがファンの役目と思っていますので、皆さんの応援が大切になってきます。

ここまで全力で坂を駆け上がってきた欅坂46に少しの休暇を与えてあげてもいいんじゃないでしょうか。
今はてちの怪我が完治する事を祈って、また全力でパフォーマンスを出来るよう、優しく見守り待っていてあげるのがファンの気遣いかなと私個人は思っています。

スポンサーリンク